一般葬よりも格安なお葬式|注目を集めている葬儀スタイル|家族葬の魅力

一般葬よりも格安なお葬式

男性

必要になる費用

お葬式をするときに必要なのが葬儀費用です。葬儀費用は一般葬と家族葬では違います。一般葬の場合は一般会葬者がいるので、ある程度大きい斎場を貸切る必要があります。そうすると当然費用が高くなります。一般葬プランは固定費が100万円が相場です。接待費やお布施代などをすべてトータルすると門真市でも200万円近くします。家族葬は一般葬よりも安くできるお葬式です。ただし、それは参列する人数が少ない場合です。家族葬であっても80人や100人参列すると接待費、返礼品、香典返しの費用などがかさむので高くなります。門真市で家族葬をすると、10人程度なら固定費だけで20万円〜30万円です。80人近くになると50万円以上になります。

自由なスタイルで出来る

人数が多いと高くなるといっても一般葬の半額以下で出来る家族葬は門真市でも人気があります。家族葬に参列するのは、基本的に遺族、親族、友人や知人や恩師など、故人と親しかった人のみです。遺族だけですることもできるので、わずらわしい接待をする必要がないのがメリットです。もちろんその分時間も費用も節約できます。家族葬は一般葬よりも格式ばった儀式が少なく、アットホームな雰囲気の中で行えます。特にルールはなく、故人の人柄や生前の趣味を反映した、手作り感のあるお葬式ができるのが魅力です。門真市でも従来の形式にとらわれないスタイルのお葬式が流行っています。家族葬なら比較的自由に演出できて、それでいて世間に恥ずかしくない形でお葬式ができます。